事故車や傷がある車を売るときの秘訣!

不幸にして事故を起こしてしまった車であっても、査定を受けることは可能です。が、事故歴のある車は皆さんもお分かりのとおり、その査定金額は安くなってしまいます。

できれば事故車であることをバレずに買取してもらう方法はないだろうかと、こんな風に思うかもしれませんが、そうはいっても、事故を起こした車ということは隠そうとしたところで専門家である査定員には分かるので、隠したところでバレてしまい、結果的にあなたの印象が悪くなってしまうのです。

 

事故でのダメージが相当大きい場合は、数は少ないですが、事故車を専門にしている買取業者の査定を受けると、意外にも良い結果が出る場合がありますので、そういった事故車を専門にしている買取業者に査定してもらうといいでしょう。

その方がより高い査定金額をつけてくれるところも見つかったりしますので。

 

それから車の傷やヘコミなどについてですが、査定を受けることが決まった車については、傷などを修理するべきかどうか思い悩む人もいると思いますが、これは傷の大きさにもよって対応が変わってきます。

 

小さくて自分で直せそうなら、直してしまえば良いのですが、あえて修理業者に車を直してもらう必要はありません。

 

その理由は簡単で、時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても100%ほぼ間違いなく、修理にかかる金額の方が大きくなるからで、もう修理はせずにありのままで、傷はあまり気にせず査定を受けてしまいましょう。

 

車を買取業者の査定に出したくなったら、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、車内の掃除と洗車を行ない、必要書類はきちんと準備しておくことがポイントです。

それからもう一つ、先ほども言ったように、後から話がもつれるようなことになってはいけないので、事故車であるなど伝えておくべきことはきちんと申告しておいてください。

また査定額に納得できないならもうその業者に売るのはやめて無理はしないことです。