タイヤ交換やバッテリー交換など消耗品関係を新しくしたりとかあると思います。皆さんのご想像のとおり、タイヤでもバッテリーでも使い古されたものより新しいもののほうが査定上は良いわけです。

しかしながら、これから車を売却するぞという場合に、

車の消耗部品を新品に交換してから売却したほうがいいのか?というと

実は一概にそうとは言えないことも。

 

不思議に思うかもしれませんが、もしも新品に交換してから査定してもらったとしても、実は買取価格にはそれほどプラスに働くものではなく、

むしろそういった車のメンテンナンスは普通やってあるよね!くらいにしか買取業者は思わないからです。

 

査定額に影響を及ぼすケースとしては、タイヤのワイヤーがむき出しになるほど古いタイヤだとか、エンジンがかけられないほどバッテリーが弱い状態だったりすると買取金額のマイナスにつながってくるわけですが、

注意すべきはタイヤの新モデルが発売されたからといって、その新モデルにチェンジしてもプラス査定になることはないということ。

実はこれ、以前自分がやってしまった実体験なんですが、業者の人にはプラス査定になることはないので、次回車を売る際はやらないほうがいいですね!と言われたことなんです。

要は、タイヤ、バッテリーといった消耗品関係については、車査定の前に交換する必要性などは全く持ってない!ということです。

 

古いタイヤやバッテリーよりも交換された新品のタイヤやバッテリーの車のほうが多少なりとも査定額は高くはなりますが、交換するのに支払った費用ほどは、その買取価格が高くなるということはないので、やればやるだけ無駄になってしまうということなんです。

損しないためには大切な車の消耗品関係の交換について説明させて頂きましたが、今まさに車を買い替えるつもりだという人は、くれぐれも無駄な出費となってしまわないよう、是非消耗品関係は交換なんかせずにそのままで買取してもらうようにしましょうね!